April 27, 2006

自己ベスト?

おとついは、ふと、

 今、ブレストで伸びていったら、何ストロークでむこうまでいくのかしら?

と思った。

やってみた。
一掻き一蹴りでいけるとこまでいって、あとは1ストローク毎に待っていられるだけ待ってみる。
1回目 4ストローク
2回目 4ストローク
3回目 4ストローク だけど、もうひとふんばりすれば3ストロークでいけるんじゃないかな?
ってことで4回目で見事 3ストローク達成!!!自己ベストです。多分。
最後の1mはひたすら浮いて耐えましたが(^^;
5回目 またしても3ストローク こりゃおもしろい!
次は、普通に泳いでみました。めりはりをつけて。
すいーっと伸びて、なんだか気持ちよく泳げました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2バタ

ゆうべ、ふと

 今日なら2バタ泳げるんじゃないかな?

と思った。
ノンビリとスタート。
毎回呼吸はなんとなくせわしくて2ストロークに1回の呼吸。
50は楽に泳げた。ターン。
全然疲れてないけど、2ストロークごとの呼吸はちょっとつらいか?
100ターン
時々毎回呼吸をしてみる。
不思議なことに腕は全然疲れてない。
呼吸も、苦しいのは、どうやら換気がうまくいってないようで、息の吐き出しを意識してみる。
150ターン
キックをあまり打たない私だけど、足が疲れてきた。
でも腕にはまだこない。
脈はあがってるようで、さすがにしんどいけれど
200タッチ。
あらら泳げちゃったよ。それも普通に

こんな日もあるのねー。

ほんとは2ブレの練習しなくちゃいけないんだけど(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2006

1+1は?

毎日あれこれ練習していると、自分の体の使い方で小さな気付きがある。
骨盤の傾きとか、股関節の角度とか…もっともっといろんなこと。
体の使い方が変わると、水が変わる。

「わかった」が1 、「なるほど」が1 で 1+1=2 
…という具合に上達してくれたらいいんだけど、なかなかそんなわけには行かない。
自分が「1」だと思っていても、実際は「0.01」くらいかもしれないしね。

でも少しずつでも何かが自分の中に蓄えられていくのは感じている。
水泳っておもしろいなぁ。おもしろさにキリがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2006

2006年度第一戦

3月19日
第7回のAスポーツクラブのマスターズ大会。
参加者394人。地区マスターズにそれほどひけをとらない。

朝一番で1個メ。
区分では一人なので1位は間違いない。
速い人の横で引っ張ってもらいたいところなのだけど、まわりは自分より10秒以上遅い人ばかり。
どんどん行くしかない。
今回はバッタから飛ばす作戦!いつもついつい抑えてしまうから。
召集所では、どんどん緊張してくる。これくらいならいい感じ!
さー自分の組だ、スタート台に立つ。あーこの感触!緊張するーーーっ!いくぞー!
スタートの合図。グラブスタートに戻したので反応は遅かったかもしれない。
バッタは軽い、気持ちがいい!25mが短かった。さぁターン!バックもタンタンターンと軽やかに行きたい。
しかしやっぱり苦手種目、5mの旗がなかなか視野に入ってこない。
あー、見えた!バック→ブレのターンは練習不足で、タッチは合ったのに足のひきつけがまずく「どよよんターン」になってしまった。ブレはひとかきひとけりで稼ぎたいのに!
ブレもテンポ良くと思うのだが、すでにかなり疲れている。なるべくフラットに、気持ちは前へ前へと思うのだが壁が遠い。
そして最後はフリー。ゴキブリ泳ぎにならないように、フリーだけはピッチでなく大きく大きく!
タッチ!! 1'32"95 うへ。昨年11月の鈴鹿より1秒遅い!
でも、目が覚めてから1時間半にしてはよく動けた方かもしれない(^^;

30分後には女子メドレーリレー。なんでかバック。
2泳の人に「思いっきり行くから!頭でタッチするかもしれないからちゃんと見ててねー」と言っておきながら、実際はあと少しが壁に足りず、もったいないことをしてしまった。ごめん。なんでか「おータッチぴったし!」と思っちゃったんだよね。こちらは3チーム中2位。

それから自由形をはさんで約1時間後に50m平泳ぎ。
去年は、冬にかなり平泳ぎを泳ぎこんでのこの大会だったのだけど、今年は平泳ぎじたいは全然泳ぎこんでいない。
ただ、つかみつつある部分があるので、それをレースで出せたら、と思っていた。
スタートして、最初から水が重い、描きたいラインが描けない。腰も沈んでいる。でもなるべく丁寧に、でも伸びすぎないように!
なぜかターン失敗!ひとかきひとけりが効かない。浮き上がりたい場所より手前で浮き上がってしまう。
ラストは意識しなくてもピッチがあがってしまう。その分かきが小さくなってしまう。タッチ!43"18 あれっ!
もう少し遅いタイムだと思っていたので、ちょっとビックリ。昨年の鈴鹿で43"08が出たときは、プールの長さが25mないのかも、なんてほんとに思ったけれど、ここでも43"で泳げたってことは、それだけの力がついてるってことなんだよね。
今年の自分の更なる飛躍に期待しちゃおう!
1個メがいいアップになったのかもしれない。

そして約30分後に25m背泳ぎ。
やっと背泳ぎがわかりつつある今日この頃、今のフォームでどれくらいで泳げるのか確認したかったのだ。
しかし、ここまでくると、緊張感のかわりに気だるさがやってくる。本日快晴で会場はとても暖かい。
他の種目でもそうだけど、25mというのは難しい!
背泳ぎもローリングがなくなり、ちゃかちゃかとしたへんちくりんな泳ぎになってしまい、 21"47
自己ベストの1秒落ち。腕が全然使えてませんでした。
それでも一位!区分で一人でした。

休憩が入り、同じクラブの人とやっとゆっくりお話ができる。
サナエさんと短水路富山の話などする。
撮ってもらったビデオを見る。んーーーーーむむむむむーーーー。

さてあとはフリーリレーのみ。
25mは足で稼ぐ!8ビートでノーブレ!かっこ悪くてもなんでも少しでも速く次の人にバトンを渡すのだー!
みんな精一杯頑張りました。こちらは1位!やったー!
自分はこれが本日最後のレースだったので、めっちゃ気持ちいい!!

あとは着替えて、応援&ビデオ撮影。
打ち上げも盛り上がって楽しい一日になりました。

いいスタートだったと思う。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 17, 2006

大会の意味

ブクブクパーに近い状態から水泳を始めて7年。
縁があって、水泳1年生からマスターズの大会に出た。
25m、50m・・100m、と距離も伸び、いろんな種目にもチャレンジしてきた。
24時間水泳もメンバーの一人に入れてもらったし、海での遠泳もやった。

初めて100mバタフライに出たのは3年前のウーマンズ。
エントリーしたものの、レース直前まで泳げるかどうか不安で、召集所では真っ青になっていた。
長水路をターンして、もどってきて黄色いタッチ板に手が触れたときは本当に嬉しかった。
あのときは、いろんな人に声をかけてもらい本当にありがたかった、そして自分もよくがんばったと思った。

そんなことで、ウーマンズでの100mバタフライは毎年出るようになった。
去年のレースは最後から3組目だった。自己ベストを更新して満足していた。
最後の2組はプールサイドから見ていた。本当に速い人ばかりだった。日本新も出ていた。
泳ぎの勢いに圧倒された。
その時に、自分が大会に出る、ということについてふと考えてしまった。
そろそろ「泳げました。完泳しました。はい、がんばったね」はもういいんじゃないかと。

実は、そのことをちょっと忘れていた。
そろそろ短水路の申し込みが始まる。
自分なりの何かを狙って、練習して、大会に臨めたら、と思う。


| | Comments (10) | TrackBack (0)